A・F・P ブログ
A・F・Pをより多くの方に知ってもらうためのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この世は金?

今日は特別養護老人ホームにお勤めのお客様と商談をさせていただきました。

その時の雑談の内容を少しお伝えします。


その方がお勤めの特養は、月額6万円タイプの安いコースと月額16万円のVIPコースがあるとのことで、

安いコースは100人待ち。そこに入るのは何年も待ちの状態。

ただ安いコースは当然、きつい集団生活で部屋も4人、お風呂やトイレも共同、

介護サービスも1人の担当者が何人も管理するという仕組み。

当然テレビもリビングのようなみんなが集まるところでみる。

一方VIPコースは1人部屋で1人付き1人担当者。ご飯もお部屋で食べ、お風呂やトイレも部屋についている。

当然テレビは24時間好きな時に見られる。

月額16万円ならば、厚生年金をしっかり払っていた方なら、さほど届かない金額ではないはずですが、

希望が多いのは安い6万円のタイプだそうです。

利用者の家族が年金の管理をしていて、安いコースにして浮いたお金を自分達の生活費に充てる。

そんなご家庭が多いというのが現状だそうです。

せっかく勤め上げて得た権利すら、自分の子供に蝕まれる。

「死ぬまでお金がものをいう国なのね。」

とおっしゃっていました。


現実です。


あえて自分の感想は書きませんが、現場の生きた情報です。


今週はこのへんで。


Hattori

スポンサーサイト

コメント

老後の問題はいくら語っても語り尽くせない。

拝金主義かどうかは個人の問題として、基本は自分のことは自分で守る……でしょうかねぇφ(..)


さて、今朝の新聞からも70歳以上の医療費も窓口負担がいよいよ2割に。

介護保険を利用した場合も、現行の1割負担が2割になるのは必至でしょう。

2割負担は、いずれも中流以上の所得者が対象になるのですね。

我々現役社会人も肩車時代の到来です。


老人ホームのVIPに入るための虎の子の年金も、今となっては40年間納めた人ですら月額換算は18万円位とか(-_-;)

やはり、現役時代にいかに老後の貯蓄[我々的には積立保険に加入しているか]をしているかが明暗を分ける時代かもしれない(+_+)

だからこそ、我々はもっともっと勉強して、仕事を頑張って、まずは自らの身を整えて、その実体験をお客様に話してあげましょう。


机上の論理ではなく、実体験で!!


少々、長すぎました^^;
【2013/08/03 09:48】 URL | 社長 #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

A・F・P

Author:A・F・P
株式会社 A・F・P 
設立 H12.4.1~
取引保険会社 
 (株)損害保険ジャパン
 NKSJひまわり生命保険(株)
 第一生命保険㈱
社員数 8名


    担当:加賀屋・服部・片桐・杉田

リンク

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

グーバーウォーク

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。