A・F・P ブログ
A・F・Pをより多くの方に知ってもらうためのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮定のお話

前日の自動車に関する記事の補足です。

消費者動向調査やシニアマーケティング等の調査を見ると、
以下3点の傾向が見られるようですね。


1.日本市場は近年、高級車よりも軽自動車が販売を伸ばしており、
 ミニバン/コンパクトカー/軽自動車の3ジャンルで全体需要の70%に達する

2.2007年以降、たとえば、車をダウングレードした者は、
 若年者、都市部では少なく、年配層・地方都市に多くみられる。

3.(シニア層において)運転頻度別で、購入する際の価格目安をみると、
 「ほぼ毎日」運転する人は「100万~200万円未満」が57.7%であるのに対し、
 「全然運転していない」人は「100万円未満」40%となっている。


価格と燃費等で、各社切磋琢磨する商品競争の中、
「車名のブランド」によって売上差が生まれるのかどうか、
関心を持って見ていきたいと思います。

-----------------------------------------------------------------------------

昨日の日記に、「保険業界への影響について」というコメントを頂いたので、

TPPについて、個人的意見を少しだけ続けます。


 【前提】
  TPPは、日本国内の医療に関しても市場を開放する。

 ⇒混合診療の全面解禁と、
 
  (外資等の)株式会社参入による医療価格を自由設定することを容認することで、

  公的健康保険適用外である自由診療が拡大する。


 【仮説】
  保険会社は、自由診療を広く保障する医療保険を販売することが望まれる。



もしも現行制度が大きく変わるのなら、

保険会社も変化に適応していかなければいけない訳ですが、

1から保険商品を作り直すのは大変なことですし、

(加入するとしたら) TPPは我々代理店にとっても大きな変革となりそうです。




Tagami



スポンサーサイト

コメント

どうした?ウンチク大魔神が…(=・ω・)/
【2011/11/20 19:18】 URL | はずかしがりや #-[ 編集]
ありがとうございます。勉強になりました。
【2011/11/19 08:33】 URL | マウンテン #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

A・F・P

Author:A・F・P
株式会社 A・F・P 
設立 H12.4.1~
取引保険会社 
 (株)損害保険ジャパン
 NKSJひまわり生命保険(株)
 第一生命保険㈱
社員数 8名


    担当:加賀屋・服部・片桐・杉田

リンク

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

グーバーウォーク

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。